ブログトップ

Tom's Lab

tomslabo.exblog.jp

Tomの研究所

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2011年3月17日(木)晴れのち雨のち晴れ
録画サーバが、たまにプチフリーズする

プチフリーズの現象は以下
・画面は表示されているが静止画状態で一切画面操作ができない状態がづづく。
・5分ぐらいほっておくと正常にもどる。
・フリーズ中ネットワークは止まっている。フリーズが解消された時点でネットワークは回復する。
・しかしフリーズの間、録画は正常に実行されている。
・同じ時間にイベントログに"LMS Service cannot connect to Intel(R) MEI driver”が表示されている。
d0182233_011121.jpg


たぶん原因は"LMS Service cannot connect to Intel(R) MEI driver"だと思われるが、もしかしたら、別の原因がフリーズを発生させ、これが発生するのかもしれない。

d0182233_0123227.jpg


以下のIntel® ME: Management Engine Interfaceをダウンロードしてインストールしようとしたが、「システムは条件を満たさない」という理由でインストールを拒否された。

http://downloadcenter.intel.com/SearchResult.aspx?lang=jpn&keyword=%22Intel+Management+Engine+Interface%22&more=14697

どうしよう。。。
時間をかけて調査するしかないな。マザーを変えるとか。。。


後書 2011/03/20
=======================================================
以下のとおり、LMS Service cannot connect to Intel(R) MEI driverは
プチフリーズの原因ではないようです。

NEC Express5800シリーズ
運用・保守編
========================
Dirver再セットアップ時、イベントビューアに下記の内容の警告がイベントログに登録されてる場合がある
イベントID:1
説明 LMS Service cannot connect to Intel(R) MEI driver
・システム運用上、問題ありません。
[PR]
by tomslabo | 2011-03-18 00:06 | Windowsネタ
2012年3月15日(火)晴れのち雨のち曇り
どうでも良い製品だが、DVSM-724S/V-BKを購入した。
購入理由は手持ちのDVDドライブが壊れたから。
選択理由は、只単に安かったため。

評判は良くないが CD,DVDを読むぶんには問題は出ないのではと考えている。

BUFFALO DVD-RAM/+-R/+-RW DVSM-724S/V-BK 2,880円
d0182233_220328.jpg


しかしCD,DVDドライブ類は長年使うと媒体を読めなくなりますね。
これで4台ぐらい読めなくなりました。
レンズのフォーカスがずれるか?
それとも媒体が高速書込み対応になり、古いドライブでは読み込めなくなるのか?
[PR]
by tomslabo | 2011-03-15 22:06 | パーツ
2011年3月13日(日)晴れ 春みたいな日
2台目購入です。

学割で280円/月 2年契約です。

d0182233_2015788.jpg


新型が発表されたので在庫一掃でしょうか?
こんな金額で売るとは、Docomoはカナリ儲けていたようですね。
[PR]
by tomslabo | 2011-03-13 20:17 | Android
2011年3月12日(土)晴れ
Galaxy tabで再生するmp4ファイルの作成で嵌ってしまった。mp4ファイルをSDカードの任意のディレクトリーに入れればビデオプレイヤーで再生できる筈だった。しかし作成したmp4をビデオプレイヤーが認識しない。

d0182233_1832854.jpg


最初は作成されたmp4ファイルが不正と思い、いいろんな方法で作成してみた。しかし途中で、もともと本体のフラッシュに入っている天道虫の動画さえも、ムービー一覧に表示されてないことに気が付いた。

この件を調べるため昨夜は3時まで、今日は7時から調査を開始したが、ネットにも事例がないし、お手上げ状態。

取り敢えず頭を冷やすために、朝の日課のドトールへ。
頭を冷やした結果、以下の憶測にたどり着いた。

■憶測
ビデオプレイヤーのムービー一覧に動画が出ないということは、内部メモリー、SDカードにアクセスし一覧を作成する途中で動画ファイルが不正のため、一覧作成処理が途中で異常終了している。天道虫の動画もリストされないということは、そうとしか考えられない。

■対策
ならばと思い、tab内とSD内の全ての動画ファイルを削除し、天道虫の動画ファイルのみをSDに入れた。

■結果
天道虫の動画の一覧がビデオプレイヤーに表示された。

■原因
原因はyoutubeをダウンロードするために入れたAdownが原因だった。Adownが動画をダウンロードすると、そのファイルが原因で、ビデオプレイヤーの一覧作成処理が異常終了したと思われる。(問題の処理はサムネイル作成処理か?)

とにかく問題解決でスッキリした。

次は、エンドレスのエンコ職人の道を進むのか。。。
[PR]
by tomslabo | 2011-03-12 17:54 | Android
2011年3月8日(月)晴れ 寒い日
以前から色々実験を行っている、ネットワークの改善の続きです。

まずは今のマシン環境で、どれだけのネットワーク転送が可能なのか?を掴んでおきます。
(1Gbのネットワークを何パーセント使い切れるのかで判断します)

■実験環境
・転送側PC
Memory: 4G
CPU: Intel Corei3 530
OS: Win 7(64)
NIC: Realtek PCIe GBE Familly Controller

・受信側PC
Memory: 2G
CPU: Atom 510D
OS: CentOS 5.5
NIC: RTL8168d/8111d
RAMDISK: 1GB (メモリーの都合で1GBしか用意できませんでした)

■仮定
DISKのI/O速度がネットワーク速度より十分速ければ、ネットワークのボトルネックが発生しネットワークの実行速度を計測できる筈です。

最高速度のDISKとしてRAMDISKを作成しました。
(bonnie++にて速度計測)
・RAMDISK write:294M/s
・DISK write:116M/s (RAID0 DISK)
RAMDISKはDISKの2.5倍速い

d0182233_23235172.jpg


■結果
・この環境では、ネットワークの負荷は80%が限界のようです。
・RAID DISKはネットワーク伝送速度と同じぐらいの書込み転送速度が出ているようです。
 しかしギリギリのようで、書込みのあと一旦グラフ値が激しく下がります。

RAMDISKを使った場合の転送速度は以下でした。
1GB/13秒=78MB/秒
[PR]
by tomslabo | 2011-03-08 23:38 | Linuxネタ
2011年3月6日(土)晴れ 暖かい日
駅前をぶらっとしていたら、DocomoでGalaxy Tabが0円だった。

接客のお姉ちゃんが若くて、可愛いかったので衝動買いしてしまった。

iPad2が発表されたばかりだが、安いスレート端末が欲しかったので後悔はしていない。
信じられないことに、データ通信契約はせず、電話契約だけで買えた。
もちろん宅内のWi-Fiを利用してネットをするだけなので電話は使わない。SIMを抜いている。

d0182233_19285179.jpg

本体      0円
電話基本料  780円/月
Web請求  -105円/月

よって
675円×24ヶ月=16,200円

毎月675円でGalaxy Tabをレンタルできると思うとムッチャ得した気がする。

家に持って返り、早速いろんな所をお触わりした。
感じたことは、iPhoneに比べヒューマンインターフェースが全てにおいて古臭い。
操作に統一性がない。iPhoneを経験してしまうと「次どうするの!!!」て感じになる。
しかし古臭い昔の機器だと思うと操作方法に気づく。

古い人間なのでiPhoneを使い始めて数日間は、「こんなUIがあるのかと!」と感動しまくりだった。
反対にAndroidは古い機械と思えば使いやすい。

コタツでTVを見ながらネットができるのが一番嬉しい。
[PR]
by tomslabo | 2011-03-06 19:56 | Android
2011年3月5日(土)晴れ
Team Viewerって何も設定しなくて起動するだけで、外から繋がります。
ルータの設定が必要ありません。
当然DNSの設定も、DDNSの設定も。
家のルータはUPnPの設定も切っているのに。。。簡単に繋がる。不思議。

これさえあれば、友達の家のPCトラブルもリモート保守可能です。遣りたくないけど。。。

d0182233_195563.jpg


Linux版もあるらしい。
[PR]
by tomslabo | 2011-03-05 19:07 | Windowsネタ
2011年3月5日(土)晴れの予定
今週は毎日ブログを書いてしまいました。自分的にすごいことです。

ところで半年前から問題だったのですが、GIGABYTE GA-H55M-D2HにWindows XPをインストールしたマシンにVNCで接続すると、たまに接続先のマシンの画面が張り付く。
たぶんネットワークが止まった状態になっていると思われる。しかし5分ぐらいで復帰する。VNCの亜種を色々インストールして見たが解決しなかった。

最近Team Viewerに変えた。こいつはカナリ高機能。ファイル転送も出来る。PC AnyWhere以上の機能がある。
更に画面が張り付く現象が発生しなくなった。問題解決!
おまけにiPhoneからもアクセス可能。ピンチイン。アウトができ操作性が抜群に良い。
絶対お勧めのソフトです。
d0182233_0533546.jpg

[PR]
by tomslabo | 2011-03-05 00:56 | Windowsネタ
2011年3月4日(金)晴れ 今日も寒かった

以前にも書いたが、ext3は巨大ファイルの削除が遅い。WindowsのNTFSならあっという間に削除される。サーバOS(用途?)のLinuxがDISK I/O関係でWindowsに負けるなんて悔しいです。
それもDECのお下がりのNTFSに。。。

5GBのファイルを削除すると、私の環境では8秒かかる。BSの2時間ドラマのファイルであれば16GBになり、30秒近くかかる場合がある。おまけにファイル削除中は該当DISKへのアクセスが全て止まってしまう。ほんとシステム全体が止まった状態になる。

で、以前から対策ができなか調べていた。
最近、RegzaのHDDのファイルシステムがXFSであることが分かり、ext3からXFSにすれば削除が速いのでは?と思ったが、なんとネットで調べるとXFSは削除がext3より更に遅いらしい。

更に「ext3 削除 遅い」でググッたら、自分のブログしかヒットしない。多くの人は悩んでないみたいだ。。。。ほんとか?みんなホンマデッか?

ついに万策尽きたと思っていたら、ふと良い考えが閃いた。

そうだ、sambaのゴミ箱を使おう!!
d0182233_23464359.jpg

実はファイルの削除はターミナルからrmコマンドを実行しているではなく、sambaを使ってWindows Exploerから削除している。
よってゴミ箱機能をオンにし、Windows Exploerから削除すると、ファイルはごみ箱に移動される。
つまり一瞬にファイルがなくなる。後は深夜にゴミ箱をcronでクリアすれば万事解決。

■sambaでゴミ箱機能を有効にする方法
=========================================================================
vfs objects = recycle     # ごみ箱の有効化
recycle:repository = .recycle # ごみ箱のディレクトリ名(/home/ユーザ名/.recycle)
recycle:keeptree = no    # ごみ箱へ移動時にディレクトリ構造を維持しない
recycle:versions = yes    # 同名のファイルがごみ箱にある場合に別名で移動
recycle:touch = no      # ごみ箱へ移動時にタイムスタンプを更新しない
recycle:maxsize = 0     # ごみ箱へ移動するファイルのサイズ上限(0:無制限)
recycle:exclude = *.tmp ~$* # ここで指定したファイルはごみ箱へ移動せずに即削除する
recycle:exclude_dir = /tmpl # /tmpディレクトリなどから削除されたファイルはごみ箱に移動
recycle:noversions = *.doc # *.docなどは、同名ファイルがごみ箱にあっても別名にしない
[PR]
by tomslabo | 2011-03-04 23:36 | Linuxネタ
2011年3月3日(木)曇り 寒い日
■課題
 Windows XPからTV録画したファイルをCentOSに移動している最中に、CentOS上のファイルを、別のPCから
 再生した場合、再生が止まる場合があるのを解決する。

(1)システム環境
 対策内容
  WindowsXP上のTV録画ファイルの移動を、別のセグメント(ネットワーク)で行う

 対策前システム構成
d0182233_22243210.jpg

 対策後システム構成
d0182233_2224541.jpg


(2)実験結果1
 TV録画ファイルをCentOSに移動している最中に、別のPCよりCentOS上の別の録画ファイルを再生した
 場合のネットワークモニタの状況

 再生のみの場合
d0182233_22262094.jpg

 対策前
d0182233_22272917.jpg

 対策後
d0182233_22275830.jpg
 対策後は別々のセグメントにすることにより転送効率が高くなっている。
 グラフより、対策後の状況はPCからは確実だが、regzaからも再生していたかもしれない。
 (子供がRegza見ていたかも?)

(3)実験結果2
 上記の場合のCPUの負荷

 対策前
d0182233_22315098.jpg

 対策後
d0182233_2232092.jpg
 CPUの負荷はほぼ変わらない。

(4)実験結果2
 対策後のシステム構成に変えることにより、再生が止まる、コマ送り状態になることは無くなった。
 問題を解決できたようだ。

(5)考察
 実験結果より、ボトルネックがネットワーク絡みであることが証明された。

 以下のどれかが原因だと思われる
 ・ネットワークの負荷が高くなり、Switching HUBの能力がボトルネックとなった。
  特に送信、受信のSwitching能力が問題となったかも?(たぶん違うと覆うが安物HUBなので在り得るかも)
 ・CentOS側のNICの能力が低く、大量のデータ受信により、連続的なデータ送信(再生)ができなくなった
  (たぶんこれが主原因と思われる)
 
 反対に、CPUの能力、DISKの能力が問題で無いことが判明した。


ちなみに、CentOSに増設したNICですが、I/FがPCIのためデータ伝送速度が遅い結果となりました。
d0182233_23243672.jpg
PCIeならもっと速いでしょうね。
[PR]
by tomslabo | 2011-03-03 22:33 | Linuxネタ