ブログトップ

Tom's Lab

tomslabo.exblog.jp

Tomの研究所

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年7月9日(土)晴れ(昨日梅雨明け 暑い)
最近、Atomからsandy Bridgeにリプレースしたサーバ機から携帯にメールがくる。

【1.ddclientでタイムアウト】

サーバリプレイスで、centOSを 5.5から5.6に上げた。ddclientも5.5時代のインストール方法ではインストール不可だったので、インストール方法を変えVer3.7.3に上げた。

それから、2時間に一度ぐらいの頻度で以下のメールがくるようになった。

WARNING: cannot connect to checkip.dyndns.org:80 socket: IO::Socket::NET:connect:Connection timedout

以下の部分が関係してそうなので対策してみた

$sd = IO::Socket::INET->new(
PeerAddr => $peer,
PeerPort => $port,
Proto => 'tcp',
MultiHomed => 1,
Timeout => opt('timeout'),

/etc/ddclient/ddclient.confに
timeout=5
を追加したら、納まったようだ。


【2.smartdでエラー】

同じくバージョンアップしてから、LogwatchからSmartdの以下のメールが来る
Problem creating device name scan list
Device /dev/sda:using '-d sat' for ATA disk behind SAT layer

/etc/smartd.confを修正

DEVICESCAN
-H '-d sat' -m root@localhost

に修正

落ち着いたようです。
[PR]
by tomslabo | 2011-07-09 11:55
2011年7月6日(晴れ→雨)
Sandy Bridgeはエンコが速いかも?
2011/07/03の、モヤモヤさまぁ~ず2「隅田川沿い」をCentOS AirVideo Server alpha6を使ってエンコした。

ソースタイトル:モヤモヤさまぁ~ず2「隅田川沿い」.ts
ファイルサイズ:5,548,767KB

エンコ時間:25分
結果ファイルサイズ:424,063KB
エンコ中の消費電力:45W

CPUのクロック設定は最低にしています。
d0182233_062627.jpg

Turbo BoostはDisalbleを要求していますが、Enableなんですかね。
でもCore Max Multiplierは16ですからCore i3 2500Tじゃなくて、1600Tですかね。
Graphics Max Multiplierはサーバ機でsshしかしないので22のところを、2に設定しています。

Windows7 64ビット環境で、AirVideo Server でCore i3 530だと60分掛かっていたと思う。
60分は記憶なのど再度計測して修正します。
[PR]
by tomslabo | 2011-07-06 23:29 | パーツ
2011年7月3日(日)曇り
Air Video Server をCentOSにインストールするのに苦労した。
CentOSサーバをSandy Bridgeに変えたのでエンコをさせることにした。Sanday Bridgeはエンコが速いらしい。。。

消費電力を抑えるため一番プアーなCPUです。
・Intel HD67CF
・Core i3 2100T
・Memory 2G

まずは成果を貼り付けておく。参考になれば幸い。

================================================================================

Air Video 2011/07/02

mpeg4ip-server mpeg4ip-1.5.0.1.tar.gz
FFmpeg FFmpeg source code used in Air Video Server 2.4.5-beta6 an newer.
ffmpeg-for-2.4.5-beta6.tar.bz2
Air Video Server alpha6

================================================================================
■準備
gitをインストールするためDAGのリポジトリをyum設定ファイルに追加

vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

[dag]
name=Dag RPM Repository for Redhat EL5
baseurl=http://apt.sw.be/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt


■関連ソフトのインストール
# yum install git yasm lame-devel faad2-devel SDL-devel java-1.6.0-openjdk


■x264 のインストール
x264 も CentOS のリポジトリにあるやつは古いため消しておく
# yum remove ffmpeg x264

configureの引数は重要。この指定でないとffmpegのconfigureでERROR: libx264 not foundとなる
# git clone git://git.videolan.org/x264.git
# cd x264
# ./configure --enable-static
# make
# make install


■mpeg4ip-server のインストール
http://sourceforge.net/projects/mpeg4ip/
からダウンロード

# tar zxvf mpeg4ip-1.5.0.1.tar.gz
# cd mpeg4ip-1.5.0.1
# ./bootstrap
# ./configure
# make
# make install

=>undefined reference to `XMoveWindow’ とかでこける場合
player/src/Makefile (208行目)
CXXFLAGS = -g -o2 …-D_REENTRANT
から
CXXFLAGS = -g -o2 …-D_REENTRANT -L/usr/lib/X11 -lX11
で、再度Make


■ffmpeg のインストール
http://www.inmethod.com/air-video/licenses.html
FFmpeg source code used in Air Video Server 2.4.5-beta6 an newer can be downloaded here.
からダウンロード

# tar jxvf ffmpeg-for-2.4.5-beta6.tar.bz2

'x264'パッケージが無い
# cd ffmpeg
# ./configure --enable-pthreads --disable-shared --enable-static --enable-gpl --enable-libx264 --enable-libmp3lame
No package 'x264' found
ERROR: libx264 not found

# cd
# cd x264
# cp x264.pc /usr/lib/pkgconfig
# cp x264.pc /usr/share/pkgconfig

今度はOK(しかし警告が多い...)
# cd
# cd ffmpeg
# ./configure --enable-pthreads --disable-shared --enable-static --enable-gpl --enable-libx264 --enable-libmp3lame
# make
# make istall


■(必要ないかも?)Air-videoのpropertiesにfaacの指定があるのでとりあえず
faacのインストール
# wget http://downloads.sourceforge.net/faac/faac-1.28.tar.gz
# tar zxvf faac-1.28.tar.gz
# cd faac-1.28
# sh ./bootstrap
# ./configure && make && make install


■Air Videoのインストール(Air Video alpha6)
# cd
# wget http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha6/AirVideoServerLinux.jar
# wget http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha1/test.properties
# vi test.properties

path.ffmpeg = /usr/local/bin/ffmpeg
path.mp4creator = /usr/local/bin/mp4creator
path.faac = /usr/local/bin/faac
password = ←必要であればサーバアクセスの際のパスワードを設定
subtitles.encoding = windows-1250
subtitles.font = Verdana
folders = video:/video←AirVideoクライアントに表示せる共有名:ディレクトリー。共有名とディレクトリが同じ名前じゃないとダメ?


■起動m
java -jar AirVideoServerLinux.jar test.properties

================================================================================

以上

ここまで辿りつくのに30時間は掛かったかも。
よう頑張ったわ。
[PR]
by tomslabo | 2011-07-03 21:01 | Linuxネタ
2011年6月30日?(木)
前からズーット購入を迷っていたLCD-10000Vを買った。
迷ってた理由は画面の大きさに対し、コストパフォーマンスが悪いからです。たぶんこの価格であれば21インチのディスプレイが買えてしまう。かも?
しかし机には大きなディスプレイを置く場所が無いので買ってしまった。
15,442円。チョット前までは17,000円台だった気が。。。

d0182233_17415690.jpg


こいつは解像度が特殊。1366×768。最初の状態では1360×768になってしまった。
ATI Catalyst Control Center を最新にしたら1366×768にできた。

特に機能的な問題はなし。TVを見るには問題なし。
レポートになっていませんが、若干色が薄い気がするかも?
d0182233_1756643.jpg

10インチなんですが、なんか小さいく写ってますね。
本当は結構大きいんですよ。
[PR]
by tomslabo | 2011-07-02 17:49 | パーツ